日本の会計・人事を変える経営基盤ソリューション SuperStream

資料請求はこちらから
ヘッダー
■概要
「AI・RPAに代替されてしまう業務」の筆頭格である財務経理業務。しかし、すべての業務がAI・RPAで対応できるわけではありません。AI・RPAの限界は何か、その限界を見極めて、「人間」である経理マンが生き残るための能力を考えるヒントを手がかりとして、その能力の洗い出しと、その能力を身につける方法を議論して、整理します。
■開催情報
セミナー名: 【SSUG】会計分科会「経理部門へのRPA導入の実態と課題、そして対応方法 〜「AI・RPAと共存する経理人」に必要な能力とは〜」
日時: 2019年2月15日(金)10:00〜12:30(受付9:30)
会場: スーパーストリーム本社 11F セミナールーム
品川区東品川2-4-11 野村不動産天王洲ビル 11F
03-6701-3647
・りんかい線「天王洲アイル駅」より徒歩1分
・東京モノレール「天王洲アイル駅」より徒歩3分
会場地図
詳細: (1) RPA(ロボティクス)の導入実態と課題
  ・日本で利用されているRPAの種類と特徴
  ・経理部門になかなか導入が進まない理由
  ・どのような経理業務に使えるのか
  ・RPAを導入する上での留意点は何か
  ・内部統制と関連する問題点
(2) AI(人工知能)の限界と経理マンの限界
   情報技術革新の時代に「人間」である経理マンが修得すべき能力とはなにか
(3) RPAを適用する経理業務を洗い出し、決定するための考え方・進め方
    〜どの経理業務をRPAにやらせるか〜
   外部コンサルタントを参画させなくても、「自力」でRPA対象業務を洗い出し、特定するための考え方や進め方
定員: 約20名
参加費: 無料

■お問合せ先
  • SuperStream Users Group事務局
  • ssusers@superstream.co.jp
  • 03-6701-3647
  • 【受付時間】月〜金(祝祭日を除く) 09:30〜17:00
このページの先頭へ戻る

ページトップへ