日本の会計・人事を変える経営基盤ソリューション SuperStream

資料請求はこちらから
ヘッダー

収益認識基準やリース会計基準の変更など、会計基準はますます難易度を高めています。
これは会計基準の変更とは言え、経理部門の問題ではなく、事業部門、営業部門、システム部門そして法務部門などへも影響を及ぼす問題です。この会計基準の出現は、IFRS(国際会計基準)の「強制適用」にも深く関連しています。

さらに、AI(人工知能)やRPA(ロボティクス)などの情報技術の革命的な進歩が、経理部門に『働き方改革』からのプレッシャーと相まって、経理部門でも無関係ではなくなってきました。今回は、会計基準やデジタルトランスフォーメーションなど、経理部門に押し寄せている「難題」の「本質」を整理して、理解をすすめて「実務的な対応」を検討するための講演を行います。また、会計・人事給与ソリューションSuperStream-NXの定例業務を自動化するRPAソリューション「SuperStream-NX オフィスロボット(経理・人事)」をご紹介します。

上場企業のみならず、グループ子会社においても共通の課題です。
ぜひ子会社のご担当者様にもお声がけいただき、グループの課題として解決してください。


※本セミナーは経理・情報システム・経営企画部門のご担当者様を対象としておりますので、同業社様のご参加をお断りする場合がございます。また、申込者多数の場合は、1社あたりのご参加人数を制限させていただく場合がございます。あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

日時 2019年3月7日(木) 10:00〜12:00 (受付開始 9:30〜)  
会場
東京都 港区高輪3丁目26番33号 京急第10ビル
03-5793-3571
・JR 品川駅 高輪口 徒歩1分
・京急本線 品川駅 徒歩2分
参加費 無料
定員 50名    申込受付中
対象 経理、経営企画、情報システムのご担当者様
主催 スーパーストリーム株式会社
共催
協賛
内容 【第一部】10:00〜11:00
「経理部門の働き方を変える決定打『RPA(ロボティクス)』の実態と活かし方」
講師:公認会計士 中田清穂

社内各部の残業が減っていく中で、特に決算期の残業や休出が一向に減らない経理部門が、『働き方改革』を推進する人事部などから強いプレッシャーを受けているようです。大規模なシステム投資をしなくても、人間の作業を自動化するロボティクス(RPA)は、認知度が劇的に高まり、関心は大変高まっています。しかし、その関心の高まりと比べると、実際には導入されることは多いとは言えない状況です。
このような状況の下で、第一部では以下の内容を解説します。

・日本で利用されているRPAにはどのようなものがあるのか
・なかなか導入が進まないのはなぜか
・どのような経理業務に使えるのか
・RPAを導入する上での留意点は何か
・RPAで自動化させるのは誰か(システム部門か経理部門か)
・RPAは内部統制上、問題とならないのか


【第二部】11:00〜11:15
「経理・人事RPAソリューション『オフィスロボット』のご紹介」
講師:スーパーストリーム株式会社

昨今、働き方改革関連法案の成立等「働き方改革」を推進していく上で、更なる業務の効率化は企業において大変重要な経営課題となっております。また、人材不足を解決する方法の一つとしてAIやRPA等の新技術も効率よく取り入れることも検討する必要があります。経理・人事業務の効率化を支援可能な「SuperStream-NX オフィスロボット(経理・人事)」についてご紹介いたします。


【第三部】11:15〜11:45
「収益認識に関する会計基準と会計・税務実務への影響とIFRS強制適用〜難解な会計基準に「胸落ち」する!〜」
講師:公認会計士 中田清穂

2018年3月30日に企業会計基準委員会(ASBJ)より公表された企業会計基準第29号「収益認識に関する会計基準」について、その本質と実務面の課題をわかりやすく解説します。企業にとって最も基本となる「売上高(収益)」計上の会計基準がどのように変更されたのか、難しく実務的な対応に悩んでいる経理部門の方々のために、「わかりやすさ」を主旨として解説します。出荷基準ではなく検収基準が基本となったことや、売上を計上するまでに「5つのステップ」が必要になるなど、従来の日本の会計制度とは全く異なる会計基準の概要を解説します。

・ナゼこのような会計基準が日本で作られたのか
・何をさせようとしているのか
・「5つのステップ」は何を意味するのか

その本質が理解できるようにするための解説をします。

また、法人税や消費税への影響や、この新しい会計基準の出現がリース会計基準の根本的な改正など、今後の日本の会計制度に与える影響とIFRS強制適用の可能性が高まっていることを解説します。

基準の変更による影響について、無駄な対応を回避して、営業などの現場部門へも不要な負荷をかけずに対応できる本質をご理解頂けるようにわかりやすく解説します。


【質疑応答】11:45〜12:00


※セミナーの内容は予告なく変更となる場合がございます。予めご了承ください。
備考

お問合わせ

スーパーストリーム株式会社 商品企画部セミナー運営事務局
03-6701-364703-6701-3641
seminar@superstream.co.jp
東京都品川区東品川2-4-11 野村不動産天王洲ビル 4F
【受付時間】月〜金(祝祭日を除く) 09:30〜17:00
このページの先頭へ戻る